プロがおすすめの
マッチングアプリを
紹介する専門メディア
search
マッチングアプリDine(ダイン)の評価、評判、口コミは?料金体系も紹介
アプリごとに探す

マッチングアプリDine(ダイン)の評価、評判、口コミは?料金体系も紹介

『デートにコミットする』というキャッチコピーのマッチングアプリDine。実際に使うとなると本当に出会えると評判なのか、サクラや業者はいないの?という不安が出てきますよね。 そこでこの記事ではDineのリアルな評判や口コミを詳しく調査。その結果からわかったサクラや業者の有無から、本当に出会えるのかどうかまで詳しく解説します。

マッチングアプリDine(ダイン)のまとめ

  • Dineはマッチングが即デートに繋がるアプリ

  • お店を選んだり予約する手間がかからない!

  • クレカ登録でドタキャン対策も万全!

  • デート直結型だから業者がほぼいない

  • メッセージのやりとりがしたい人には別のアプリがおすすめ

マッチングアプリDine(ダイン)とは

運営会社 株式会社Mrk&Co
会員数 未公開
利用目的 気軽
恋活
年齢層 【男性】25〜45歳
【女性】22〜30歳
特徴 ・マッチングしたらすぐにデートの日程を決める
・無駄なメッセージのやりとりをせずに会える
料金 6,500円/月〜
招待コードで1週間無料
公式サイト https://dine.dating/ja

Dineは『デートにコミットする』というキャッチコピー通り、マッチング後すぐにデートの日程調整を行うため、無駄なメッセージのやりとりをせずにデートが決定します。

Dine概要1

さらに、Dine運営がお店の予約まで完結してくれる ので、相手の好きなものを聞いて、お店を探して、予約してという無駄なステップを踏まずに済むので、忙しい方や面倒くさがりな方でも簡単にデートの約束ができます!

とはいえ、メッセージのやりとりをせずに出会うのって本当に安全なの?と心配ですよね。そこで次の章ではDineが安全に使えておすすめな理由をご紹介します。

Dine(ダイン)が安全に使えておすすめな理由

なぜDineがデート直結型のアプリにも関わらず安全でおすすめと言い切れるのか、その理由は4つあります。

Dineがおすすめな理由
  1. 本人確認が徹底されている

  2. クレカ登録があり、ドタキャンを防止してくれる

  3. お店の予約をDineが代わりにしてくれる

  4. 相手の警告数を確認できる

本人確認が徹底されている

Dine概要2

Dineでは平成15年に制定された出会い系サイト規制法に則り、免許証やパスポートといった、公的文書による本人確認を徹底しています。

そのため18歳未満の女性が年齢を偽ってアプリを利用できません。相手が18歳未満と知らずにデートしてしまい、社会的信用を落とす可能性があるのは男性ですからね。

このことからもDineの年齢確認は皆さんの個人情報を悪用する目的ではなく、皆さんを守るために用意されている制度なのです。

クレカ登録があり、ドタキャン防止してくれる

Dine概要3

Dineでは『Dine protect』という機能を導入しており、お店を予約する際にクレジットカードの登録が必要です(一部店舗を除く)。

どちらかがドタキャンをした場合、クレジットカードからキャンセル料が引き落とされる仕組み になっています。

Dine概要4

上記の画像はDine公式が発表しているDineプロテクト導入後のドタキャン率の遷移グラフです。

機能が実装されてからは、ドタキャンをしても、お店に行ってもどちらにせよお金を取られるなら、デートに行こうという思考が働き、ドタキャン率が大幅に下がりました。

それでもドタキャンをする人に関しては、1回目のドタキャンで警告、2回目のドタキャンで強制退会という厳しい措置を取られるので安心してDineを利用できます。

お店の予約をDineが代わりに行ってくれる

Dine概要5

Dineではお店の予約をDineが代わりに行ってくるので、わざわざ自分でお店を探して、お店の予約をするという手間がかかりません。

さらにDineに掲載されているお店はDine運営が直接足を運んでデートにふさわしいと決定したお店ばかりなので女性ウケ間違いなし。

しかも最近流行りの業者の手口である、ぼったくり店に連れていかれるという心配もないので、安心してデートを楽しめます!

相手の警告数を確認できる

Dine概要6

Dineではマッチング後、相手のプロフィールを開くと、警告数という数値が表示されます。

この警告数を見ると相手がこれまでに何回通報を受けて、運営から警告を受けているかどうかがわかるので警告回数が多い人は何かしら問題のある人だということが事前にわかるんです。

上記のようにDineではこのような様々な機能で安全にデートできる体制が整っているため、安心して利用していただけます。

ただ、Dineを利用する際に気になるのが、サクラや業者の有無ですよね。次の章で詳しく解説します。

Dine(ダイン)にサクラや業者はいる?

結論から述べると、Dineにサクラや業者は全くと言っていいほどいません。

そもそもサクラと業者の区別がついていない方も多いと思うので、まずはサクラと業者とはという部分からご紹介します。

【サクラとは】

会員を多く見せるためのカサ増しや、課金されるために会えないのにメッセージのやりとりをする、運営に雇われた会員のこと。

【業者とは】

運営とは一切関係がなく一般利用者に対して、ビジネス勧誘や宗教勧誘を行ってくる悪質会員のこと。

それぞれは一見似ていますが、全くの別物なので混同しないように注意しましょう。

Dineにサクラや業者がいない理由は次の2つ。

Dineにサクラや業者がいない理由
  • サクラを雇ったらすぐにバレる、業者も活動しづらい

  • 月額課金制なのでサクラを雇う必要がない

サクラを雇ったらすぐにバレる、業者も活動しづらい

まずサクラがいない理として、デーティングアプリのDineは他のアプリとは違い、メッセージのやりとり回数が少ないというものがあります。

他のアプリなら、メッセージでお互いの価値観が合わないと思ったから〜などの理由をつけて徐々にフェードアウトできますが、Dineではマッチングしたらデートの予定を決めるアプリのため、こうした誤魔化しは一切通用しません。

また、DineではDine運営が選んだお店を初デート場所に指定できるため、ぼったくり店に連れていこうとする業者なども活動がしづらいのです。

月額課金制なのでサクラを雇う必要がない

Dineは月額課金制のマッチングアプリで、一度課金してしまえばその後期間中は課金することなくメッセージのやりとりやデートの約束を取り付けられます。

そのためメッセージのやりとりをする会員を雇っても運営のメリットには繋がらないのです。このことからもDineにサクラや業者はほとんど存在しないと言えます。

しかし、残念なことにメシモクと呼ばれる、ご飯を奢ってもらうことが目的の女性は一定数存在します。

Dine(ダイン)に潜むメシモク女子の存在とは

メシモク女子とは、Dineのマッチング後すぐにデートに行けるという特徴と、ある程度お金を持っている層が使っているという特徴を悪用して、ご飯を奢ってもらうためだけの目的でアプリを利用している女性のことです。

実際にTwitterでもDineに登録している男性を『飯パパ』と呼んでいる女性を発見しました。

メシモク女性を牽制する方法として、おすすめなのが価格帯が低いお店を選ぶという方法です。

飯モク女子は高いお店で奢ってくれる男性を求めています。そのため、こちらがランチやカフェなどのリーズナブルに済むお店を選択していると飯モク女子の対象から外れることができます。

【※注意】

Dineには奢りますよという意思表示ができる奢るマークをプロフィールにつけることができます。

「飯モク女子を避けたいなら奢るマークを外せばいいでしょ」と思う方もいると思いますが、Dineでは奢るマークを外すと極端にマッチング率が下がるため奢るマークを外すのはおすすめできません。

それでは続いて、Dineがおすすめな人をご紹介します。

Dine(ダイン)がおすすめなのはこんな人

Dineがおすすめなのは次の3タイプ。

Dineがおすすめな人
  • 20~30代の美女と会いたい人

  • メッセージをするよりも、まずは会ってみたい人

  • 忙しい人や面倒くさがりな人

Dineは20~30代の美女の登録数がとても多いです。そのため綺麗な女性とデートしたいと考えている男性におすすめです。

さらに、マッチング後すぐにデートの日程を決めてしまうため、忙しくメッセージのやりとりをする時間がない人、やりとりが面倒くさくなってしまう人などでも問題なくアプリを利用できます。

上記の当てはまる方はぜひこの機会にDineを利用してみてください。さて、続いてはDineのユーザー層をご紹介します。

Dine(ダイン)のユーザー層は?

Match’B編集部で実際にDineを利用して表示された男性500人、女性500人の計1,000人のユーザーを対象に調査をしました。

年齢層

Dineユーザーの年齢層グラフ

上記はDineユーザーの年齢層をグラフにしたものです。グラフを見るとわかる通り男性・女性ともに25〜29歳の年齢層が最も多く、続いて20〜24歳、30〜34歳の比較的若い年齢層が多いです。

このことからも、Dineは比較的若い年齢層と出会いたい方におすすめなアプリということがわかります。

また、30〜40代の会員が少ないので30〜40代の方はライバルが少なく比較的モテやすいかもしれません。

職業

Dineユーザーの職業ランキング

Dineユーザー1000人を対象に調べた結果、男性・女性共に会社員の登録者が多いということがわかりました。

女性会員の職業ランキング2位以降には、看護師やファッション関連・美容関連などの外見に気を使わなければいけない職業の方が多く、美人な女性が多数登録していました。

以上のことからもDineは美人とサクッとデートしたい男性におすすめということがわかります。

続いては、実際にDineを利用している方々の体験談や評判・口コミをご紹介します。

実際にDine(ダイン)を使った人の体験談・口コミと評判は?評価は高い?

上記の口コミの通り、Dineは月額料金が高いということもあり、ハイスペックな男性が多く集まります。そのためハイスペック狙いな女性が集まり、必然的に女性の質がかなり高くなります。

中には、芸能関係の仕事をしているのではないかと思うレベルの女性が利用しており、美人と出会いたい方にはぴったりのマッチングアプリです。

Dineは月額料金が高いというだけあり、お店選びはもちろん、予約まで代行してくれます。 予約時に満席で断られてしまったとしても、2つめの候補店を提案してくれるので、お店選びの手間が一切ありません。

番外編ですが、こちらはDineの公式モデルである中川杏奈さんの口コミです。実際にDineを使って一般のユーザーの方とデートを行ったようです。

Dineは元AV女優で漫画家の峰なゆかさんとデートができたり、公式モデルの中川杏奈さんとデートができる企画を行っているので、興味がある方はこの機会に登録だけでもしておくのがおすすめです。

体験談や口コミからもDineは実際に美人とデート出来るということがわかりますね。それでは実際にDineを使って美女とデートするためには月々いくら必要なのでしょうか。次の章で詳しく解説します。

Dine(ダイン)の有料会員の月額料金は?無料会員の違いも!

料金を知る前に、まずはDineの有料会員と無料会員の違いを知っておきましょう。

無料会員 Gold会員 Platinum会員
リクエスト送信
マッチング
メッセージのやりとり ✖︎ ✖︎
レストラン予約代行 ✖︎ ✖︎
コインの無料付与 ✖︎
Top Picksの閲覧 ✖︎ ✖︎
シークレットモードの利用 ✖︎ ✖︎

Dineには無料会員・DineGold・DinePlatinumという3つの会員タイプがあります。無料会員の時点ではマッチングまでは出来ますが、メッセージのやりとりやデートするお店の予約代行が利用できません。

メッセージのやりとりをしたり、デートするお店の予約代行を利用したい場合は、DineGoldに加入しましょう。加入後すぐにメッセージのやりとりや予約代行が利用できます。

DinePlatinumはそれ単体では、メッセージのやりとりはできませんが、Top Picksといういいねをたくさんもらっている人気会員を優先的に表示できるためとにかく美人と出会いたい男性におすすめです。

また、シークレットモードを使えばDineを使っていることが他の人にバレないので、絶対に身バレしたくない男性でも安心して利用できます。

Dineの料金

プラン Dine Gold Dine Platinum
1ヶ月 6,500円/月 6,500円/月
3ヶ月 4,800円/月
(一括14,400円)
4,800円/月
(一括14,400円)
6ヶ月
【おすすめ】
3,800円/月
(一括22,800円)
3,800円/月
(一括22,800円)
12ヶ月 2,900円/月
(一括34,800円)
2,900円/月
(一括34,800円)

Dineの料金は上記の表の通りです。月額6,500円という若干高額ではありますが、お店を探したり予約する手間やメッセージのやりとりを省略して出会えるという利便性を考えると妥当な金額でしょう。

【他のマッチングアプリとの料金比較表】

1ヶ月 6,500円/月 4,300円/月 4,200円/月 4,000円/月 4,800円/月
3ヶ月 4,800円/月
(一括14,400円)
3,600円/月
(一括10,800円)
3,267円/月
(一括9,800円)
3,400円/月
(一括10,240円)
4,600円/月
(一括13,800円)
6ヶ月 3,800円/月
(一括22,800円)
2,400円/月
(一括14,400円)
2,967円/月
(一括17,800円)
2,967円/月
(一括17,800円)
4,466円/月
(一括26,800円)
12ヶ月 2,900円/月
(一括34,800円)
1,733円/月
(一括20,800円)
2,233円/月
(一括26,800円)
2,400円/月
(一括28,800円)
3,566円/月
(一括42,800円)

また、1ヵ月の課金料金だけでみると非常に高く感じますが、Dineが最もおすすめしている6ヵ月課金や、コスパ最高の12ヵ月課金であれば他の有名なマッチングアプリと大差ありません。

しかもDineは他のマッチングアプリとは違ってキャンペーンコードの入力で1週間無料でDineGoldが体験できます。

お得に使えるキャンペーンコード

【Match’B編集部のキャンペーンコード】

    jpGMAss3
  

上記キャンぺーンコードを入力すれば、1週間無料でDineが試せます。

もし試してみて、自分に合わないと感じたら課金しなければいいし、自分にぴったりだと感じたら課金することができるので、始めるハードルが低いですよね。

気になる方はぜひ1週間の無料お試し期間を使ってみてください!

25歳以下は「U-25割」を使おう!

Dineでは25歳以下の方を対象に、月額料金が大幅に割引されるU-25割という割引制度を導入しています。

【U-25割適用時の料金】

プラン U-25割適用 通常
1ヶ月 3,900円/月 6,500円/月
3ヶ月 3,300円/月
(一括9,900円)
4,800円/月
(一括14,400円)
6ヶ月
デート保証付
2,900円/月
(一括17,400円)
3,800円/月
(一括22,800円)
12ヶ月
デート保証付
2,400円/月
(一括28,800円)
2,900円/月
(一括34,800円)

U-25割適用時は1ヵ月課金時でも通常の2600円も安く課金できます。1ヵ月3,900円なら一回の飲み会を我慢すればいいだけなので25歳以下の男性でも気軽に利用できますよね。

25歳以下でDineの料金が高いからという理由で利用を辞めようと思っていた方はぜひU-25割を使ってお得に課金してください。

【デート保証とは?】

Dineでは、6ヵ月以上のプランに加入したにも関わらず、加入月×1回(例:12ヵ月プランの場合12回)以上のデートが実現しなかった場合、無料で加入月の半分の月分(例:12ヵ月プラン加入の場合6ヵ月)、DineGoldの期間を延長してくれます。

デート延長保証を利用するためには、6ヵ月以上のプランの期間が終了してから1ヵ月以内にDine運営に連絡をする必要があるため、もしデートに辿りつかなかった場合は早めに連絡する必要があります。

デート保証の対象者
  • DineGoldの6ヵ月以上のプランに加入した

  • 加入月×1回以上のデートに行けなかった

  • 6ヵ月以上のプランが終了してから1ヵ月以内

Dineのコイン機能とは?

Dineコインを使ってできること

Dineには通常の課金とは別に、Dineコインというものが存在します。

Dineコインを使うとマッチング率が劇的に高まるスペシャルリクエストを送信できたり、1日にいいねを送れる女性の人数を増やすことができます。

Dineコインの購入

DineGoldに加入していると毎月30コインが無料で付与されますが、全て消費してしまって追加で欲しいと思った時には別途課金で購入することも可能です。

【Dineコインの料金】

購入枚数 料金
10コイン 2,200円
30コイン 6,100円
500円お得
100コイン 19,000円
3,000円お得
300コイン 43,800円
22,200円お得

Dineのコインは課金時同様、一度に大量に購入すればするほど1枚辺りの料金が下がり最大で22,200円もお得になります。コインを何度も購入するという方はまとめての購入がおすすめです。

ただ、課金したとしてもマッチングしなければデートはできません。そこで次の章ではDineでマッチングするためのコツをご紹介します。

Dine(ダイン)でマッチングするためのコツ

Dineでマッチングするために必要なのは次の2つ。

Dineでマッチングするためのポイント
  • 写真が一番大事

  • プロフィールもしっかり記入

写真が一番

Dine顔写真

Dineではいいねを送る画面に一番最初に出てくるのがプロフィール写真です。画面の9割を占めるため、1枚目の写真で好印象を与えられなければマッチングは出来ません。

上記はマッチングアプリ専門のカメラマンであるJOYさんの投稿です。さすがマッチングアプリ専門のカメラマンということもあり、全ての写真が女性ウケ抜群の写真ばかりです。

【Dineでウケが良い写真の特徴】
  • 明るくて顔がはっきりとわかる

  • 清潔感がある

  • 誰かに撮影してもらった写真

  • 顔が近すぎない

  • 笑顔で写っている写真

Dineでマッチングしやすい写真は上記の特徴を満たしたものばかりです。実際にJOYさんの写真を見るとわかりますが、どの写真も上記の特徴を満たしていますよね。

ぜひ参考にプロフィール写真を選んでみてください。

プロフィールも大事

印象の良い写真を選んだからといって、プロフィールを全く設定しなくて良いのかというとそうではありません。Dineではプロフィールも重要です。

やはりデーティングアプリということもあり、出会う前の情報が写真とプロフィールしかないため、プロフィールもしっかり埋めておくと相手に安心感を与えられます。

【プロフィールに記載してあると良いこと】
  • 仕事内容
    例:渋谷でIT関連の仕事をしています。(簡単に書く)

  • 趣味
    例:休日はドライブによく行きます。連休などは旅行に行くことが多く、最近は〇〇に行きました!(しっかりと全体の5割程度書く)

  • 自分の性格
    例:周りの人には〇〇と良く言われます。

  • 好きなタイプ
    例:話を聞くのが好きなので、話すのが好きな女性がタイプです。

最低でも上記のような内容が書いてあれば、しっかりとしたプロフィールが完成して、相手に安心感を与えられるはずです。ぜひ参考にしてください。

それでは続いて、Dineの登録方法を見ていきましょう。

超簡単!Dine(ダイン)の登録方法

Dineの登録方法はFacebookやTwitterなどを使ったSNS認証と、電話番号を使ったSMS認証での2つ。それぞれ解説していきます。

Facebook/Twitterでの登録方法

DineのFacebook登録

DineをSNS認証で始める場合は使用するSNSアカウントにアクセスすれば簡単に登録が完了します。

SNS認証で登録をしたからといって、連携したSNSにDineを使っていることが投稿される心配などはなく、逆にSNSで友達登録している相手をDine上で表示させないようにブロックしてくれるので、SNS連携の方が安心してDineを利用できます。

Facebookの公開設定は注意が必要!

FacebookでDineの利用を開始した際に注意して欲しいのが、Facebook内の公開範囲設定です。

公開範囲設定を全ての人が閲覧できる『公開』にしていると、学歴や職歴の情報は自動で詳細な学校名、職場名がDineのプロフィールに登録されてしまいます。

Facebookプライバシー設定

上記の手順で公開設定を友達、もしくは自分のみに設定することで、Dineに自動的に職場名と学歴を公開されてしまうという心配は無くなります。

Facebookを利用してDineを利用しようと考えている方はこちらの設定をしておきましょう。

電話番号での登録方法

Dineの電話番号登録

DineにSMS登録する際に必要なのは電話番号と、電話番号宛に送られてくる6桁の確認コードのみ。非常に手軽に登録できます。

しかし、Facebook認証で登録した場合と異なり、知り合いを自動で表示しないようにしてくれる機能がないため、知らない間に知り合いに見られてしまうかもしれないので注意が必要です。

登録が終わったら続いては使い方を簡単にご紹介します。

Dine(ダイン)の使い方は簡単3ステップ!

Dineの使い方は簡単なたった3ステップです。

Dineの使い方

それぞれ詳しく解説していきます。

まずは行きたいお店を選ぶ

まずはDine運営が実際に足を運び選出されたお店の中から自分が行きたいお店を選択します。

Dineのお店選び

Dineで選択できるお店は¥マークによってお店での料金が別れており、¥マークが増えるに連れ、お店も高級店になっていきます。

最安で1人辺り1,000円程度で済むお店から、1人辺り20,000円を越すような高級店まで様々です。

高いお店をたくさん選ぶと、もちろん女性からのアプローチは増えますが、その分出費も増えます。おすすめなのは、¥マークが1〜3個程度のお店を3〜4つ選択しておくことです。

こうすることで高いご飯を奢ってもらう目的の女性はあまり寄ってきませんし、たくさんデートをしてもそこまで出費がかさむこともありません。

気になる異性をデートに誘う

Dineデートに誘う方法

気になる異性を見つけたら、画面下にある『相手が行きたがっているお店カード』を確認し、自分の予算やお店の場所を確認しながら気にいったお店があったらデートに誘いましょう。

相手が承認してくれたり、こちらが相手からのデートのお誘いを承認したらマッチングが成立して、デートの日程調整が始まります。

デートの日程を調整!

Dineのデータ日程調節

マッチングしたら都合の良い日程を2~5日間程度相手に提案します。その中から相手が都合の良い日程を選ぶと、続いてお店の予約ができるようになります。

提示した日程の中に自分の都合のつく日程がなかった場合 、Otherという選択肢をタップすると別日の日程を提示することができる ので、都合がつかないからといってデートできなくなるという心配はありません。

Dineデート日程決定画面

お店の予約も決定した日程の好きな時間を入力後、予約するボタンを押して必要事項を入力するとDine側で自動メッセージを送信し、相手が予約内容を承認してくれたらDineが直接お店に電話をして予約を代行してくれます。

たった3ステップで、雰囲気抜群のお店で美女とデートが出来るDine。興味がある方はぜひこの機会に利用してみてください。

それでは最後に、ここまで読んだけどDineは自分にはちょっと合わなかったなと感じた方に向けてDine以外のマッチングアプリをご紹介します。

メッセージを重ねてから会いたいならDine(ダイン)以外のアプリがおすすめ!

Dineはそのアプリの特性上、メッセージのやりとりをほとんど行いません。そのため出会う前の相手の情報は写真と自己紹介文のみ。

とりあえず会ってみたいと思っている方にとっては良いかもしれませんが、会う前に相手のことを少しは知っておきたいという方にとっては不安な仕様のアプリですよね。

そこで最後にメッセージのやりとりをきちんとしてから出会えるおすすめマッチングアプリをご紹介します。

累計会員数1,000万人以上のParis

運営会社 株式会社エウレカ
会員数 1,000万人
年齢層 【男性】21〜26歳
【女性】21〜26歳
料金 4,300円
利用目的 恋活
婚活
特徴 ・会員数1,000万人超えで地方にも利用者が多い
・10万種類以上のコミュニティから価値観が同じ相手を探せる
公式サイト https://www.pairs.lv/

ペアーズは累計会員数1,000万人以上の国内最大級の会員数を誇るマッチングアプリです。メッセージでのやりとり以外にも、コミュニティ機能や大切にしたい価値観機能を使うことで相手のことを詳しく知れます。

また、ペアーズに登録している女性はいきなり会うことよりもある程度メッセージのやりとりをしてから会いたいと考えている女性が多く、メッセージで相手のことを知ってから会いたい人にはぴったりなマッチングアプリです。

気軽な出会いならタップル誕生

運営会社 (株)マッチングエージェント
サイバーエージェントグループ
会員数 500万人
年齢層 【男性】20〜29歳
【女性】20〜25歳
料金 3,700円
利用目的 気軽
恋活
特徴 ・共通の趣味で相手を探せる
・おでかけ機能を使えばマッチング当日に会える
・利用年齢層が若く、フットワークが軽い
公式サイト https://tapple.me

タップル誕生はサイバーエージェントグループが運営するマッチングアプリ。累計会員数は500万人を超え、20代の5人に1人が利用していると言われているマッチングアプリです。

気軽な出会いを求めている女性が多く登録しており、ペアーズほど長々とやりとりをするのではなく、少しだけやりとりをして軽く相手のことを知れたら良いかなと考えている方におすすめです。

真剣な恋活・婚活が出来るOmiai

運営会社 (株)ネットマーケティング
会員数 累計500万人
年齢層 【男性】25〜33歳
【女性】25〜33歳
料金 3,980円/月〜
利用目的 恋活
婚活
特徴 ・真剣な人が多く恋活にも婚活にも使える
・毎月2500人以上が交際に発展している
公式サイト https://fb.omiai-jp.com/

Omiaiは2019年12月に累計会員数500万人を突破した会員数増加中のマッチングアプリです。

Omiaiという名前からも想像が出来る通り、Dineよりもさらに真剣度が高く将来に繋がるような出会いを求めている女性が多く登録しています。

そのため気軽な出会いではなく、恋活や婚活をしたいと考えている方はぜひOmiaiを利用してみてください。

近くの人と会いたいならCROSSME

運営会社 (株)プレイモーション
サイバーエージェントグループ
会員数 累計60万人
年齢層 【男性】21〜26歳
【女性】21〜26歳
料金 4,200円/月〜
利用目的 気軽
恋活
特徴 ・今日デート機能で当日に会える人を探せる
・すれ違いで同じ生活圏内の人と出会える
公式サイト https://crossme.jp/

CROSS MEは位置情報を利用して同じ生活圏内の相手と出会えるマッチングアプリです。同じ生活圏内のお相手とマッチング出来るため、デートに繋がりやすいのが特徴。

クロスミーも21~26歳の若い年齢層が利用しているため、気軽ではありますがDineほどすぐにはデートには繋がらないため、何通かメッセージのやりとりをした上で会うかどうかを決めることができます。

クロスミーについて詳しくはこちらをご覧ください。

即デートしたいならマッチングアプリDine(ダイン)がおすすめ!

Dineはマッチングしたらすぐにデートに繋がるマッチングアプリ。そのため忙しい人やメッセージのやりとり無しで会いたいという方に特におすすめです。

『100回のメッセージより1回のデートを』というDineのコンセプト通り、会ってみなければ本当の相手のことを知ることはできません。

まずはフランクにデートして相手のことを知りたいと思っている方はぜひこの機会にDineを利用してみてください。

以上match’B編集部でした。

Match'B編集部

Match'B編集部