プロがおすすめの
マッチングアプリを
紹介する専門メディア
search
タップル誕生は知り合いにバレる?100%身バレしない方法を徹底解説
アプリごとに探す

タップル誕生は知り合いにバレる?100%身バレしない方法を徹底解説

20代を中心に人気の恋活アプリ「タップル誕生」。 同じ趣味を持つ人とカジュアルに出会うことができると絶大な支持を集めています。 しかし、「知り合いにバレるのでは…?」と不安に思う人も少なくないはず。 FacebookログインによってFacebook上の友人に通知がいくことはありませんが、万が一知り合いとマッチしてしまったり、相手の画面に自分が表示されてしまったら気まずいですよね。 毎日5500人が登録しているほど知名度の高いアプリなので、知り合いがタップルにいる可能性もゼロではありません。 そこで今回は、タップル誕生で知り合いにバレる可能性と、身バレ対策の方法を徹底解説します!

タップル誕生は知り合いにバレにくいアプリ!

タップルのHP画像

マッチングアプリでの出会いは、かなり一般的なものになっていますが、「アプリ内で知り合いに遭遇するのはちょっと…」という人も多いはず。

アプリ内で知り合いに遭遇した…!なんて事態を避けるために、タップル誕生は知り合いにバレやすいのかどうか調査しました!

結論からいうと、タップルは比較的「知り合いにバレにくいマッチングアプリ」といえます。

その理由は2つ。

タップル誕生が知り合いにバレにくい理由
  • Facebookによるログイン認証

  • プロフィールを非公開にできる「とうめいマント」

Facebookによるログイン認証

タップル誕生を含むマッチングアプリは、

  1. Facebook連動でログイン認証するFacebook型
  2. 電話番号で認証するSMS型
  3. SNSでログイン認証するSNS型

の3つに分けられます。

このうち、最も知り合いにバレにくいのはFacebook型。

タップルもFacebook型のマッチングアプリです。

タップル誕生 登録

Facebook型のマッチングアプリは、Facebook上で友達になっている人をアプリ内で自動的に非表示にする機能があるため、Facebookでつながっている友人にバレることはなくなります。

それに対して、SMS型、SNS型のマッチングアプリには非表示機能がありません。

そのため、Facebook上で友達が多いという人はタップルのようなFacebook認証のマッチングアプリを利用した方がバレる可能性は低いでしょう。

ですが、そもそもFacebookを利用していない・Facebook上での友達が少ないという場合は認証形式に関わらず、知り合いにバレる可能性が高くなってしまいます。

プロフィールを非公開にできる「とうめいマント」

絶対に知り合いと遭遇したくない、バレたくないという人は「とうめいマント」というアイテムを使うのがおすすめです。

タップル とうめいマント

タップルでは、好みの異性を探す際に「いいかも」「イマイチ」の2択で仕分けることができます。

とうめいマントは、自分が「いいかも」した相手のみ自分のプロフィールを閲覧できるアイテムのこと。

タップル フリック操作

つまり、他の利用者に自分のプロフィールは一切表示されません

100%身バレを防ぐことが可能です!

ただし、以下の2つの点に注意が必要です。

①相手から「いいかも」されることはない
②有料アイテム(860円)である
とうめいマントは完全に自分の姿が見えなくなるので、相手からいいねされることはありません。

そのため、自分から積極的にアピールする必要があります。

また、とうめいマントを使うには有料カードを100枚(860円分)消費しなくてはなりません。

ただ、一度購入すればずっと使い続けられるアイテムなのでとっても便利!

もちろん設定次第でとうめいマントのON/OFFを切り替えられます。

Facebookでログインできなくても、とうめいマントでしっかりと対策を施せば身バレを防ぐことができるので大丈夫です!

無課金でタップルの身バレを防ぐ4つの方法

とうめいマントは100%身バレを防ぐことのできるアイテムですが、「課金するのはちょっと…」という人もいるはず。
ここでは、課金せずに最大限知り合いにバレないようにする「4つの工夫」をご紹介します!

タップルで課金せずにバレない4つの方法
  1. プロフィールを変更してマッチ後にブロック

  2. 趣味カテゴリから抜ける

  3. 短期間でアプローチする

  4. 他のSNSで使ってない写真をプロフィールに設定する

①プロフィールを変更してマッチ後にブロック

アプリ上で知り合いを見つけてしまった場合、上でも解説したようにマッチしていない状態ではブロック機能は使えません。

そんな時は一時的にプロフィールを変更し、別人のフリをしてあえてマッチするのがおすすめ。

プロフィールの変更はマイページから行いましょう。

無事マッチングできれば、ブロックした人のやりとり画面右上の「・・・」からブロック機能が使えるようになります。

タップル ブロック

ブロックさえできれば、もう相手に自分が表示されることはないのでプロフィールを戻してOK。

②趣味カテゴリから抜ける

タップルは趣味で繋がることができるのが最大の特徴。

つまり、知り合いと同じ趣味カテゴリに登録していれば、相手に表示される可能性はかなり高くなってしまいます。

もしアプリ内で知り合いを見つけたら、そっとそのカテゴリから抜けましょう。

自分の趣味カテゴリから抜けるのは残念ですが、身バレリスク回避のためです。

タップル カテゴリ 抜ける

もちろん、相手がそれ以外にも複数のカテゴリに登録していて、それが自分と同じ可能性もあるので油断は禁物。

見つけたらその都度カテゴリから抜ける必要があります。

③短期間でアプローチする

タップルの登録者数は毎日5,500人のペースで増えています。

長期間登録していれば、当然ですがアプリ内の多くのユーザーに自分を見られてしまいます。

知り合いにバレずに効率よく出会いを探したいなら、短期間で集中的にアプローチするのがおすすめ。

出会いを探したい時だけとうめいマントをOFF、その他の期間はとうめいマントをONにしておくだけでもバレるリスクをかなり軽減することができますよ。

④他のSNSで使ってない写真をプロフィールに設定する

プロフィール写真を設定する際、既にInstagramやTwitterなど他のSNSに載せているものを使用するのは避けましょう。

もしSNSで繋がっている人がタップルで同じ写真を見たら、「どこかで見たような…」という何気ないきっかけから身バレに繋がってしまうことも。

プロフィールに使う写真は、なるべくタップル専用のものを用意するのがおすすめです。

【注意】とうめいマント未使用では身バレする可能性もある

タップルは比較的知り合いにバレにくいマッチングアプリではありますが、「とうめいマント」を使わない限り100%バレないとは断言できません。

マッチング前にブロック機能は使えないし、「イマイチ」しても相手の画面には表示されてしまうからです。

それぞれ詳しく解説していきます。

①マッチング前にブロックできない

タップルには、自分のプロフィールを見られたり、チャットしたくない相手をブロックできる機能があります。

しかし、覚えておきたいのは「マッチした後しかブロックできない」ということ。

そのため、アプリ内で偶然知り合いを見つけたとしても、相手に表示されないようブロックすることはできないのです。

マッチした後に初めてブロック機能が使えるようになるため、身バレ対策には向いていないと言えるでしょう。

②「イマイチ」しても相手の画面には表示されてしまう

好みの異性を探しているときに知り合いを見つけてしまったので、相手に表示されなくなると思いイマイチしてみましたが効果はありますか?という疑問をよく耳にします。

しかし残念ながら、こちらがイマイチしたとしても相手の画面から表示されなくなるということはないのです。

イマイチ=非表示ではないので、注意が必要。

絶対に知り合いにバレたくない!という場合は、とうめいマントを購入するのが良いでしょう。

知り合いにバレないおすすめマッチングアプリ

今回紹介した「とうめいマント」を使っていれば、タップルで知り合いにバレるということはまず無いと考えてよいでしょう。

また、タップルのように身バレ対策のできるマッチングアプリは他にもあるので、より自分に合ったアプリを探してみるのもおすすめ。

ここでは、バレにくいおすすめマッチングアプリを3つご紹介します。

①内面重視で出会える「with(ウィズ)」

WithのHP画像

相手との内面的な相性や価値観を重視したマッチングアプリ「with」

メンタリストDaiGo監修のアプリとしても注目を集めていますよね。

性格診断や心理テストを通して、心理学的な観点から自分に合った相手探しができるので内面重視の人におすすめ。

Facebook認証ができるので、知り合いにバレるリスクは低いです。

また、withには「休憩モード」という機能が存在します。

これは元々、恋活をしたい時期・休憩したい時期に合わせてON/OFFを切り替えられる機能ですが、身バレ対策にもピッタリ。

休憩モードをONにすると、マッチング済みの異性・いいねを送った異性にのみ自分のプロフィールが表示されるようになります。

withの休憩モードはタップルと違い無料で使えるので、バレるのが心配だけど、お金はなるべくかけたくない人におすすめです。

Facebook認証×休憩モードで、確実にバレずに利用できます!

withの利用料金は以下の通りです。

女性は全ての機能を完全無料で使用可能です。

クレジットカード決済 AppleID決済 Googleplay決済
12ヶ月プラン 1833円/月
(一括22000円)
2233円/月
(一括26800円)
2042円/月
(一括24500円)
6ヶ月プラン 2350円/月
(一括14100円)
2967円/月
(一括17800円)
2867円/月
(一括17200円)
3ヶ月プラン 2667円/月
(一括8000円)
3267円/月
(一括9800円)
3067円/月
(一括9200円)
1ヶ月プラン 3600円/月 4200円/月 4200円/月
1週間プラン
(21歳以下限定)
1400円 1600円 -

②真剣な恋活・婚活ができる「omiai(オミアイ)」

OmiaiのHP画像

「omiai」は国内最大級のマッチングアプリ。

本人確認の基準が高く、安全性に力を入れているため、婚活・恋活初心者でも使いやすいのが特徴です。

恋愛に対して真剣度の高い人が多く、真面目に恋がしたい、結婚を前提にお付き合いしたいという人にピッタリ。

こちらもFacebook認証ができるので、知り合いにバレるリスクは低いです。

さらにomiaiは「プロフィール公開設定」を自由に変更することができます。

「すべての会員への公開」「Facebook会員以外への公開」「同性人気会員プロフィールでの公開」のそれぞれを公開/非公開のどちらかから選べるのです。

omiai プロフィール 非公開

「すべての会員へ非公開」を選ぶと、自分がいいねした相手・既にマッチングした相手以外は自分のプロフィールを一切見ることができません。

omiaiのプロフィール公開設定も、タップルと違い無料なので気軽に利用できます。

アプリ内の不特定多数の人に見られることもなくなるので、知り合いにバレることは100%ないでしょう。

omiaiの利用料金は以下の通りです。

女性は全ての機能を完全無料で使うことができます!

プラン 料金
12ヶ月プラン 1,950円(税込)/月〜
6ヶ月プラン 1,990円(税込)/月〜
3ヶ月プラン 3,320円(税込)/月〜
1ヶ月プラン 3,980円(税込)/月〜

③利用者数No.1マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」

ペアーズ

マッチングアプリ業界でも圧倒的な会員数を誇る「Pairs(ペアーズ )」

ユーザーの満足度も高く、登録者数は1000万人を超えるため、出会いのチャンスが多いのが特徴。

ペアーズには「プライベートモード」という身バレ防止機能があります。

プライベートモードは、マッチした・いいねした相手にだけ自分のプロフィールが表示されるというもの。

相手のプロフィールを見ても足あとが付かないので、100%バレる心配はありません!

ただ、プライベートモードを使うには月額料金(2500円/月)がかかります。

タップルの「とうめいマント」と同じく有料の機能ですが、知り合いにバレずたくさんの人の中から出会いを探したいという人にはピッタリ。

ペアーズの男性利用料金は以下の通りです。

クレジットカード決済 AppleID決済 Googleplay決済
12ヶ月プラン 1220円/月
(一括14440円)
1650円/月
(一括19800円)
1567円/月
(一括18800円)
6ヶ月プラン 1630円/月
(一括9780円)
2300円/月
(一括13800円)
2133円/月
(一括:12800円)
3ヶ月プラン 2150円/月
(一括6450円)
3400円/月
(一括10200円)
2933円/月
(一括:8800円)
1ヶ月プラン 3590円/月 4100円/月 4100円/月

女性はほとんどの機能を無料で使えますが、オンライン表示を隠したり、メッセージの既読確認など一部有料でのみ使える機能もあります。

知り合いにバレず安全にタップルを使おう!

タップル誕生で知り合いにバレる可能性と、身バレ対策の方法について解説してきました。

確実に知り合いにバレたくないのであれば、「とうめいマント」を購入するのが良いでしょう。

課金するまでもないという人は、プロフィールを工夫してみたり登録カテゴリから抜けてみるなどの身バレ対策がおすすめです。

プロフィールの公開設定にかかる料金や仕組みはアプリによって異なるので、最後に紹介したようなFacebook認証や身バレ対策機能のあるバレにくい他のアプリを検討してみるのもアリかもしれませんね。

知り合いにバレず、楽しく安全にタップルを利用しましょう!

マッチビー編集部

マッチビー編集部