プロがおすすめの
マッチングアプリを
紹介する専門メディア
search
Pairs (ペアーズ)をやっている女性必見!出会うためのHow To解説
アプリごとに探す

Pairs (ペアーズ)をやっている女性必見!出会うためのHow To解説

この記事では女性向けにPairs(ペアーズ)の特徴や出会うためのコツを紹介しています。これからペアーズを使ってみたいと思っている女性は必見です!

女性向けPairs(ペアーズ)の料金や使い方解説

この記事では女性向けにペアーズについて解説していきますが、まず『そもそもペアーズって何?』という方のために基本情報をお伝えします。

①そもそもペアーズって何?

pairsペアーズ HP画像
基本情報 Pairs(ペアーズ)
運営会社 株式会社エウレカ
月額料金 男性:3,590円/月
※クレカ決済・1ヶ月プランの場合
女性:無料
累計会員数 1000万人以上
年齢層 男性:20代〜30代
女性:20代〜30代
目的 真剣恋活・婚活

ペアーズは男性女性ともに、真剣に恋活・婚活をする20~30代が多いのが特徴です。

利用者も多く幅広いタイプの男性がいるので、理想が高い女性にこそ使ってみてほしいです。気になった方はこちらから是非ダウンロードしてみてください。

Pairs(無料)アプリストアへ

arrow

②女性は無料で使える

男性は課金をしないとメッセージでやりとりを行うことができませんが、女性は基本的に無料でペアーズを使うことができます。

既読がわかるなどの有料オプションもありますが、基本的には無料でも十分出会えます。

しばらく使っていてもなかなか出会えないという状況であればオプションプランも検討してみてください。

Pairs(ペアーズ)でマッチングしやすい女性のプロフィールはこれ!

アプリをダウンロードしても、マッチングしなければ意味がありませんよね。ここではマッチングするために女性の皆さんが、心がけておくべきことを3つ紹介していきます。

①メイン写真は自分のベストショットを使うべし

pairs_プロフィール顔写真

ペアーズではプロフィールに載せる写真を複数枚登録することができます。

マッチング率を上げるためにもメイン写真は1人で写っているかつ、笑顔で顔がはっきりとわかるものを使うようにしましょう!

逆に、加工がすごい自撮り写真や複数人での写真は避けたほうが良いです。

②サブ写真でアピール

「メイン写真がよければ、サブ写真はそこまで気にしなくてもいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。しかしサブ写真の質がマッチング率を左右すると言っても過言ではありません。

サブ写真は、自己紹介文だけでは表現することのできない自分をアピールするのにもってこいの場所なんです。

自己紹介文と全く関係のない写真を使うのではなく、自己紹介に「お酒が好き」と書いているなら、居酒屋やバーでお酒を飲んでいる写真を使うといったように、趣味と関連付けた写真を使うようにしましょう。

③プロフィールは具体的かつポジティブに

自己紹介文には、必要な情報をしっかりと書くことが鉄則です。

自己紹介文が短すぎると「真剣じゃないのかな?」と思われてしまうので、200~500字程度で自分の仕事や趣味を具体的に書きましょう。

また、「メッセージ多すぎて返信できません」「清潔感ない人NG」など上から目線な文章やネガティブな表現は印象が悪いので避けてください。

女性もPairs(ペアーズ)を積極的に使おう

女性から「いいね!」やメッセージを送ると、怪しまれてしまうのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。安心して「いいね!」やメッセージを送りましょう

①積極的に「いいね!」しよう

男性は女性と比べるとなかなか「いいね!」をもらえません。そのため女性から「いいね!」がくると「いいね!ありがとう」を送る可能性が高く、マッチングする確率も上昇します。

メッセージでのやりとりをして合わないと思えば連絡を取らなければ良いだけなので、積極的に「いいね!」、「いいね!ありがとう」を送りましょう!

②どんどんメッセージを送ろう

一般的に女性は男性より多くの相手とマッチングするため、メッセージにおいても受け身になることがほとんんどです。

そのような利用者との差別化を図るためにも、女性からメッセージを送りましょう。

女性からメッセージを送ることで、良いと思ってもらえること間違いなしです!

まとめ

ペアーズは女性ユーザーも多く、安心して恋活や婚活を行うことができます。マッチングしやすいプロフィールやコツを意識して、

まだダウンロードしていない方はこちらからダウンロードして、素晴らしいパートナーを見つけましょう!

Pairs(無料)アプリストアへ

arrow
マッチビー編集部

マッチビー編集部