プロがおすすめの
マッチングアプリを
紹介する専門メディア
search
マッチングアプリでモテる写真の選び方!やりがちなNG例との違いを写真で解説
マッチングアプリまとめ

マッチングアプリでモテる写真の選び方!やりがちなNG例との違いを写真で解説

マッチングアプリにおいて写真は最も大切な要素です。「自撮りする?誰かに撮ってもらう?」「加工はしてもいいの?」そんな疑問に答えるべく、モテる写真の撮り方やNGな写真の特徴を実際の写真を使って詳しく解説します。

マッチングアプリは写真が命!中でもメインとサブがある

マッチングアプリで最も大切なのは、写真です。多くの相手の中から好みの人を探す際、まずは写真で判断してその後詳しいプロフィールをチェックするという方がほとんどだからです。

そして、マッチングアプリの写真は以下のように2つの種類があり、それぞれ違った役割があります。

▼マッチングアプリ「with」のプロフィール例

メイン写真とサブ写真

メイン写真が第一印象を決める

1枚目に設定するメイン写真は、最初に目に飛びこんできて第一印象をほぼ決めてしまいます。異性に興味を持ってもらうために、必ず自分の顔写真がはっきり写ったものを選びましょう。

サブ写真で趣味や個性をアピール

2枚目以降に設定するサブ写真は、メイン写真であなたを気になった人がチェックしにきます。更に興味を持ってもらえるよう、マッチング後の話題になりやすいような写真を選びましょう。

メイン写真は自分の写真を使うのが基本ですが、具体的にどのような写真を選べば良いのでしょうか。

マッチングアプリでモテるメイン写真はどっち?

モテる写真

ではどんな写真がマッチングアプリで好印象を得られるのか、比較検証してみましょう。

自然な笑顔vsばっちりキメ顔

笑顔vs真顔

気合を入れてキメ顔を載せる人も多いですが、やはり印象がいいのは自然な笑顔。キメ顔は怒っているように見えたり怖いと感じる人が多く逆効果です。

ナチュラル無加工vs盛り盛り加工

無加工vs鬼加工2

加工技術の発達により誰でも簡単に写真を「盛る」ことができるようになりましたが、マッチングアプリ受けは良くありません。あなたの素性を知らない相手にとっては、無加工の写真の方が安心感を得られます

他撮りvs自撮り

他撮りvs自撮り2

メイン写真で自撮りを載せると、「友達が少ない人なのかな?」「自分大好き人間?」など悪い印象を与えてしまいます。もし他撮りの写真が手元に無ければ、家族や友人に頼んで撮影してもらいましょう

続いて、どんな写真がサブ写真に適しているか紹介します。

マッチングアプリでモテるサブ写真はこれ!

おすすめサブ写真

それでは、サブ写真でおすすめな写真の例を3つ紹介します。

①全身が写った写真

全身

全身が写った写真は、あなたの雰囲気を伝えるのに最適です。スタイルに自信がない方は、座った写真にするなど角度や構図を工夫してみましょう。

②趣味の写真

カメラ

カメラや楽器など、趣味に関する写真があれば気が合う人とマッチングしやすくなります。会話のきっかけにもなるので、載せておいて損はないでしょう。

③ペットの写真

ペット

犬や猫などペットの写真があると、動物好きで心優しい人という印象を与えられます。ペットと一緒に自分も写った写真だと尚良いでしょう。

では反対に、マッチングアプリで相手に悪印象を与えるNGな写真はどんなものがあるでしょう。

マッチングアプリで絶対NGな写真

モテない写真2

マッチングアプリで写真の選び方を失敗すると、相手に悪い印象を与えてしまいます。それでは、絶対に使用を避けるべき写真を確認しましょう。

①写真が1枚しかない

写真が一枚だけだと、やる気がないと思われてしまいます。怪しい業者と勘違いされる恐れもあるので、2枚目以降のサブ写真は必ず設定しておきましょう。

②露骨な金持ちアピール

金

ハイブランドの装飾品や高級車の写真を載せるのも印象が悪いです。経済的には余裕があっても、心に余裕のない人だと判断されるでしょう。

③洗面所の鏡越しで自撮り

鏡越し自撮り

自宅などの洗面所で自撮りをする人は多いですが、マッチングアプリ受けは最悪です。手抜き感満載な上、生活感も漂ってきて全く魅力的ではありません。

④5年以上過去の写真

過去

あまりに古い写真を使っていると、実際に会ったとき悪い意味でギャップを与えてしまいます。なるべく最近の写真を使いましょう。

⑤似たような写真を何枚も載せる

同じ場所や構図で撮った写真を何枚も載せるのは無意味です。あなたの様々な側面を披露するせっかくのチャンスなので、趣向を変えて効果的にアピールしましょう。

マッチングアプリで写真は大切な要素ですが、その役割はアプリによって様々です。

写真が役割を担う様々なマッチングアプリを紹介

それでは、写真についてそれぞれ特徴がある3つのマッチングアプリを紹介します。

AIがあなたの写真を判定するDine(ダイン)

dine_HP画像
基本情報 dine(ダイン)
運営会社 株式会社Mrk&Co
月額料金 男女いずれか:6,500円
※1ヶ月プランの場合
年齢層 男性:20代後半~
女性:20代~30代

Dineは外食デートを前提としたアプリで、マッチング後すぐに日程調整が始まり店の予約までアプリ内で完了できます。また、設定したプロフィール写真をAIが判定する機能を備えていて、写真選びの参考になります
▼実際の「Dine」プロフィール編集画面

Dineの自動最適化機能

dine(無料)アプリストアへ

arrow

写真以外にステータスも重視する東カレデート

東カレ HP
基本情報 東カレデート
運営会社 東京カレンダー株式会社
月額料金 男女いずれか:6,500円/月
※クレカ決済・1ヶ月プランの場合
年齢層 男性:30代~50代
女性:20代前半~30代前半

東カレデートは、ハイスペックな男女を繋ぐ審査制マッチングアプリです。男性の場合は写真よりも収入などのステータスが重視される傾向にあり、容姿に自信がない高収入男性におすすめです。

東カレデート(無料)アプリストアへ

arrow

写真で勝負のタップル誕生

tapple誕生
基本情報 タップル誕生(tapple)
運営会社 株式会社マッチングエージェント
月額料金 男性:3,700円/月
※クレカ決済・1ヶ月プランの場合
累計会員数 500万人以上
年齢層 男性:10代後半〜20代
女性:10代後半〜20代

タップルは気軽な出会いを求める20代が多く集まるアプリです。次々と画面に現れる相手の写真を左右にスワイプしてマッチングするので、写真に自信がある方におすすめです。

タップル誕生(無料)アプリストアへ

arrow

マッチングアプリでの写真の重要性は高い

マッチングアプリを使うにあたって写真は必ず設定することになります。どんな写真を選ぶかによってマッチング率は大きく変わるので、ぜひ本記事を参考にして素敵な出会いを手に入れてくださいね。

マッチビー編集部

マッチビー編集部